ROBERT CAMPBELL
HOMENEWSBIOGRAPHYRADIOBLOGCONTACT
BIOGRAPHY

ロバート キャンベル(Robert Campbell)
日本文学研究者・東京大学大学院教授。近世・近代日本文学が専門で、とくに19世紀(江戸後期〜明治前半)の漢文学と、漢文学と関連の深い文芸ジャンル、芸術、メディア、思想などに関心を寄せている。テレビでMCやニュース・コメンテーター等をつとめる一方、新聞雑誌連載、書評、ラジオ番組出演など、さまざまなメディアで活躍中。
1957年ニューヨーク市生まれ。カリフォルニア大学バークレー校卒業(B.A. 1981年)。ハーバード大学大学院東アジア言語文化学科博士課程修了、文学博士(M.A. 1984, Ph.D. 1992年)。
1985年に九州大学文学部研究生として来日。同学部専任講師(1987年、国語国文学研究室)、国立・国文学研究資料館助教授(1995年)を経て、2000年に東京大学大学院総合文化研究科助教授に就任(比較文学比較文化コース〔大学院〕、学際日本文化論〔教養学部後期課程〕、国文・漢文学部会(同学部前期課程〕担当)。2007から現職。

主な編著
『ロバート キャンベルの小説家神髄 ― 現代作家6人との対話 ―』(NHK出版)、『読むことの力 ― 東大駒場連続講義』(講談社)、『海外見聞集』(岩波書店)、『漢文小説集』(岩波書店)、『江戸の声 ― 黒木文庫でみる音楽と演劇の世界 ―』(駒場美術博物館)、『Jブンガク ― 英語で出会い、日本語を味わう名作50 ―』(東京大学出版会)、「電子版黒木文庫」などがある。

Robert Campbell, Ph.D., is a professor of Japanese literature in the Department of Comparative Literature and Culture, Graduate School of Arts and Sciences, the University of Tokyo, Japan (Komaba campus). Born in New York City in 1957, he studied in the Departments of Economics and Oriental Languages, University of California, Berkeley (B.A. 1981), the Department of East Asian Languages and Civilizations, Graduate School of Fine Arts, Harvard University (M.A. 1984; Ph.D. 1992). Campbell moved to Japan to study Edo literature as a research student in the Department of Japanese Language and Literature, Kyushu University, Fukuoka City (1985), eventually joining that department as assistant professor (1987), then moved on to the National Institute of Japanese Literature, Tokyo (associate professor, 1995). He relocated to the University of Tokyo in 2000 and has taught there as professor since 2007.
   Robert Campbell's research centers on the sinological literature, art, media and intellectual discourses of late Edo and early Meiji period Japan. Besides editing and contributing to numerous volumes on Japanese literature, art and drama, he is active in the Japanese media as television host, news commentator, newspaper columnist, book reviewer and radio personality.
photo