GREETINGS
ROBERT CAMPBELL
HOMENEWSBIOGRAPHYRADIOBLOGCONTACT
June 12, 2016

市井の人北斎に会いに/『天理時報』6月12日付「キャンベル教授のニッポン再発見」より

 ゴールデンウィークに入る直前のこと、夕吉を猫ホテルに預けてロンドンへ出発した。
 生まれて初めてのホテル暮らしで少し心配はしたが、平気である。旅行から帰り、家に連れて来ようとホテルに寄ると、猫は受付の女性の膝の上で「貴方どなた?」というような顔で再会の歓びを露わにしていた。6カ月の恩を1週間で忘れるなんて思いたくはないが、怪しいものである。
 さて、ロンドンに行った目的はというと、大英博物館のワークショップと調査である。日本美術の宝庫として知られ、今まで調査や講演などで何度も伺っているが、必ず予期せぬ人や物との出会いがあって驚かされる。
 2011年11月に博物館のシアターで講演をした時のことだ。江戸から明治時代の肖像画を十数枚見せたところ、来場者から日本人の死生観について鋭い質問が飛んできた。
 肖像の表情や姿勢と、画面に書き付けられたたくさんの詩歌から、彼らは日本人が心に持つしなやかで強い力(英語でresilience〈直訳すると回復力〉と言っておられた)の源泉を読み取ろうとした。言うまでもなく、その半年前から英国のテレビでも流れていた東日本大震災と、人々が避難所で送る生活の映像を思い浮かべながら、江戸時代の武士や美女たちを眺めていた。彼らは、眼の前のイメージと、社会全体がどう結びついているかを考えながら、美術を楽しむというスタンスを持っていた。私はそのことに、深く感心した。

IMG_0060.JPG
 今回は、日本美術部門主席学芸員のティム・クラークさんの呼び掛けで、欧米と日本から数名の江戸文化研究者を集め、博物館が持つ素晴らしい浮世絵コレクションを間近に見ながら、葛飾北斎とその時代を議論する場を設けてもらったのである。
 名品の中から、来年夏にイギリスで、続いて大阪のあべのハルカス美術館で開催する予定の葛飾北斎企画展に出品すべき作品にしぼって、それぞれが遠い江戸時代の人々からどう見られ、彼らの心をどう動かしたかについてまず意見を戦わす、というところから展覧会の構成を考えたいとのことだった。
 北斎は、「引っ越し魔」と言われ、90歳の長寿を全うするまでに年の数とほぼ同じ回数の転居を繰り返したので、その人生に面白いエピソードがたくさんある。肉筆絵画の傑作が多く残っている晩年を中心に、たとえば北斎に絵を描かせた人々がどんな宗教観を持っていたかとか、本人の手紙や文字作品から思考を引き出し、絵画を読み解く鍵にはできないか。つまり明治に入って創られたという北斎の「奇人伝説」の型を破って、社会との接点から考え直そうという強い意志の現われである。「エキセントリック北斎」とは別の、我々も一層共感できるアーティストが出現するのでは、という期待を胸に夕吉の許へ帰ったのである。

   

   

   

   

   

   

April 7, 2016

文系で学ぶ君たちへ

2016年4月7日の「朝日新聞」15面、オピニオン&フォーラム 耕論で、最果タヒさん、鷲田清一さんとともに「文系で学ぶ君たちへ」向けて意見を寄せています。

私の部分だけ、ご紹介します。

 

「問い」見つけ感性鍛えて

 もし、「文系でも大丈夫だよ」と呼びかける、セラピーのような記事を期待するのなら、この先は読む必要はないでしょう。これから私が話すのは、自分の今いる学科で、与えられた環境で、一つでいいから自分ならではの「問い」を見つけてほしい、ということです。

 私の専門の文学は「虚学」です。実学ではありません。「すぐに役に立たない」と言われれば、その通り。就活でも不利かもしれない。ただ、「すぐに役に立つ」ものが20年後、30年後も、そうであり続けるでしょうか。その点、文学には賞味期限がありません。何十年、何百年と読み継がれてきた作品ほど精緻(せいち)な分析に耐えるものはないし、いまだに考えさせられるものが多いものです。

 例えば、約250年前の江戸時代に上田秋成が書いた怪異小説集「雨月物語」の中に「菊花の約(ちぎり)」という短編があります。

 旅の途中、病に倒れた武士と、看病した宿場町の若者が親しくなり、義兄弟の契りを結んだ。病が癒えた武士は、故郷に戻ることにしたが、若者が懇願して再会を約束した。ところが、武士は故郷でとらわれの身となってしまった。約束の日の夜、若者は、闇の中に武士の姿を見た。とらわれて動けない武士が、自決して霊となって約束を果たした姿だった――。

 という話です。秋成は最初と最後に「軽薄の人と交わりを結んではいけない」と書いています。作中の誰が軽薄なのでしょうか。この物語を通じて、何を訴えたかったのでしょうか。秋成は語りません。「軽薄の人」については、文学研究者の間で、戦後もいくども熱く議論されています。

 文学とは表現やコミュニケーションを研究する学問です。作者は何を、どういうふうに伝えたのか。それは読み手や社会に伝わったのか、伝わらなかったか。作者や作中の人物の思いと振る舞いを追いながら、真意や底意を読み解いていく。この知的作業は、言語、宗教、文化など様々な差異を持つ人々が暮らす、今のグローバルな社会で、最も大事なことの一つではないでしょうか。

 私は最初に、「問い」を見つけてほしいと言いました。「問い」は、高校生までだったら親や先生から与えられるものだったでしょう。でも大学で学ぶ君たちは、自分で探さねばなりません。しかも、それは4年間では解けないかもしれない。それでも「問い」の壁をこすって、こすって、少しでも「解」に近づこうとしてほしい。

 そこで鍛えた感性は卒業後、何かを始めよう、組織を変えよう、人材を開発しよう、営業にはこういうアイデアを、というときに必ず生きる。自分を支える基盤になるはずです。

 朝日新聞社に無断で転載することは禁止されています。承諾書番号「A16-0057」

   

朝日新聞デジタルでは全文をご覧いただけます。

【 耕論 文系で学ぶ君たちへ 最果タヒさん、鷲田清一さん、ロバート・キャンベルさん(2016年4月7日)】

April 3, 2016

今宵は甘茶煮で一杯!

寒い日に外出せず家で仕事ができるという小さな幸せに、お昼が付いてラッキー。

今日はつぶ貝と釜揚げしらすに、菜の花を添えてパスタに仕上げました。

IMG_0330.JPG  

 

つぶ貝は主治医のN先生からのお心遣い(サンキュー、ドクターN!)で、N先生の郷里陸前高田市で作っているという「三陸甘茶煮」から。

   

   

甘茶煮とは、岩手県内陸部の九戸村で採れた甘茶と三陸の海塩で仕立て、いたってヘルシーで甘過ぎず、まろやかな塩加減がいろんな料理に合う調理法。海と山の恵みが麺に絡み、旨味を引き出し、春野菜独特のエグミを緩和させるようです。

   

   

IMG_0329.JPG

   

   

   

塩分が低いという牡蠣の甘茶煮も、そのままお酒の当てに。夜は放送が一個あるので、帰宅後、深夜の晩酌に期待をかけ、とりあえずは書斎へ戻ろうと~。

   

   

http://tubakitea.thebase.in/

   

   

   

   

March 27, 2016

GRAND ATLAS「天空の湯会」

34日の真夜中、東京タワー大展望台でお風呂に入りました。

IMG_0312.JPG

 

 

「天空の湯会」

小山薫堂さんのプロデュース、

隈研吾さんが設計した風呂を中心に幻の湯室が出現しました。

 

東京を象徴するこの場所に、いったいなぜお風呂が?

 

 

  

IMG_0259.JPG

   

参加したクリエイターたちの思いと製作模様を「上質の地図ーGRAND ATLAS」のスペシャルプロジェクトとして放送します。

   

IMG_0313.JPG

 

 

僕は、エッセイを寄稿し、出演もしました。(湯加減、最高でした♨️)。

テレビの近くにおられる方は是非ご覧ください。

BS朝日

3/31(木) 23:30-24:00

   

   

IMG_0315.jpgIMG_0316.jpg

      

   

   

   

   

   

   

   

   

 

   

   

   

    

 

March 16, 2016

文化庁移転。調整は創生に如かず。

地方創生も大事。でも文化庁をそのまま京都に移したところで、何がどこで生まれるのか、見えてこない。

話が小さい。

他省庁とうまく連携する文化調整機関。それを極めた先に何があるのか。言うのは簡単だが調整から創生機関へと生まれ変わらせるのも、容易なことではない。

僕の提案は、主な機能と人員を、リアルに海外に移すことである。暴論だ!?そう聞こえるかもしれないが、日本文化の強みと課題をシャープに捉えるのに、海ひとつ隔てた視点が必須だと思う。

維新後に行われた岩倉使節団を考えるといい。足掛け3年、首脳こぞって日本を留守にしたが問題は起きず、むしろ世界が日本に抱くイメージを変換、文明開化の充実などたくさんの成果をもたらした。

微温的な「調整」として移転するのでは、創生も活性もないのでは。

画像の記事は3月13日(日)朝日新聞36面「文化の扉」から。

朝日新聞デジタルの記事へのリンクはこちら→【文化の扉 はじめての文化庁 文化財・著作権・国際交流...分野幅広く(2016年3月13日)】

IMG_0305.JPG

朝日新聞社に無断で転載することは禁止されています。 承諾書番号「A15-2756」

March 8, 2016

ん、なんかいい匂いがするぞ〜?

IMG_0252.JPG   

 

 

ん、なんかいい匂いがするぞ〜? 

 

 

 

 

  

IMG_0247.JPG  

  

  

なんだ、なんだ〜?

  

  

  

   

 

IMG_0248.JPG  

  

  

  よいしょ、っと

  

  

  

   

 

IMG_0250.JPG 

 

 あ〜!

あの人ったら、また私に内緒で美味しそうなもの食べようとしてる〜

もう〜

 

 

  

 

IMG_0251.JPG 

 

クン、クン、クン 

あ〜この匂い、たまらないわ〜!

あの人だけ、ずるい〜

 

 

 

  

 IMG_0249.JPG 

 

う、まずい〜

顔が抜けなくなっちゃったわ〜

ニャ〜、どうしよ〜、HELP ME〜!

 

 

 

 

March 6, 2016

もてなしと待ち人/『天理時報』3月6日付「キャンベル教授のニッポン再発見」より

 春になったら友達を呼ぼうね、と考えるのは、冬も終わりに近い証拠であり、あと少し待てば花見もできる好季節だ。
 おもてなしの基本中の基本は、「お客さまを待つ」ことである。冷たい飲み物を準備したり、ソファのクッションをパンパンと叩いて形を整えたりしながら、鄭重に用意を重ね、その時刻に合わせて玄関の内側で来客を「待ち受ける」ことから歓待は始まる。
 考えてみれば「待」という漢字は不思議なものだ。「ある人がやってくるのを期待し、その場にとどまって、じっとする」という意味と、「来客をもてなす、応対する」という意味を兼ねそなえている。言いかえれば、待ち人が到来する「前」と「後」が一つの流れにまとめられていて、「待っている」間と「もてなしている」時間が、縫い目なく一本につながっていることに感心させられる。むかし日本では「待賈」(=よい価で買ってくれる人の到来を待つ)といえば、商人の当たり前の姿であった。


 人間万事「待つ」ことが大事なのはよく分かるが、人以外の生き物で、はたして「待つ」ことを知っているものはあるだろうか。
 西部劇に出てくる馬は、昼間からサルーンという飲み屋の外につながれ、喉を枯らしながらひたすら主人の出てくるのを待ちわびている。犬は待つことの天才。50メートル先から帰宅する主人の鍵の音まで聞き分けられるというから頭が下がる。籠の小鳥だって、餌を運ぶ人には美声を上げ、歓迎の唄で一曲もてなしてくれるではないか。


 人間の近くにいて人間と「待つ」ことを共有しないのは、ひとり猫である。昨年の暮れから飼っている仔猫の夕吉も、ご多分に漏れず、帰ってくる主人には冷淡だ。上がり框に姿を現すも、靴を脱いでいる間にするりとどこかへ消えてしまう。主人(と思っていないだろうけれど)の到来を待っている風情でもない。IMG_0252.JPG
 猫のそういうところを素晴らしいと誉め称える作家は多い。たとえば豊島与志雄には『猫性語録』(昭和13年刊)という随筆集があって、同名の一編では猫の媚びない佇まいに、肉食獣がもつ本来の野性を見て取れると言っている。
 また、「明日」という短文では、ある男から聞いた話として、他人から近々訪ねたいという趣旨の手紙が来ると、うんざりするとも言っている。今日アポ無しで来れば怒りはしないが、自分も見通しがつかない「明日」と約束させられた日には、じっと待っていなければならない。地獄だ。「明日になると、もういけない。明日の負担を負はせられることは、今日の僕にとつては、堪へ難いことになる」と。
 作者の知人は、来客を拒絶するわけでもない。来るなら来い、その分おもてなしはしないぞ、という立場である。近ごろ、こういう御仁の我がままが通らなくなっていて、ちょっぴり寂しい。ただ、夕吉は今夜も「待っていた」と言ってくれそうにはない。

   

March 3, 2016

『厳選!2時間さんぽ道』(BS日テレ)博多の古い街をRevisit

福岡、ではなくむかし大陸と結び活気に沸いた博多の古い街を歩いてきました。

承天寺、御供所町、上川端、筥崎宮。

IMG_0242.JPGIMG_0243.JPG     IMG_0244.JPG

   

     

   

僕が20代から10年過ごした街並みと人々の変化、変わらぬ風景とぬくもりから「今」を見直す絶好のチャンスを手に入れました。

  

   

IMG_0245.JPG  

中国残留孤児で80年代に帰国、中華料理店「帰郷」を開いた木村琴江さんとも20年ぶりの再会。餃子が逸品!

  

  

  IMG_0246.JPG

             承天寺に眠る川上音二郎の墓の裏川、伝記を綴った墓碑銘がぎっしり。

      

前を向きながらRevisit。これができる時代と場所に生きていることのありがたみを噛みしめる旅でもありました。

BS日テレ「厳選!2時間さんぽ道」、放送は34日【金】21:00~。

February 27, 2016

知ってるつもりでも、歩かなくちゃ。

 私にとっての思い出の地 "福岡" を1日ゆっくり散歩する機会をいただきました。

 『厳選!2時間さんぽ道』(BS日テレ、3月4日【金】21:00〜放送)

IMG_0225.JPGIMG_0227.JPG

  

IMG_0226.JPG

  

 博多の総鎮守櫛田神社を久しぶりに散歩してみると、鳥居の横に小ちゃな「ぱん屋」を発見!

 

 早速入ってみると......博多仁和加にちなんだ「にわか先輩」(抹茶カスタードに黒豆入り)と「パーマネントさん」(顔はソーセージ)と、ふんわりした野菜ぱん各種。どれも美味しい。

 

 もうしばらく街をぶらぶらしてみるか。

 

IMG_0228.JPG

   

   

   

   

   

   

   

February 23, 2016

乱歩が歩いた池袋、を歩いた。

昨日に続き、『あなたの知らない池袋駅徒歩7分』(NHKBSプレミアム)収録で見ることのできた、"乱歩が歩いた池袋" から。

IMG_0240.JPG旧江戸川乱歩邸応接間は3面窓というたいへん明るい空間。天井も高くサンルームの趣。コーナーにはデスクが置かれ、アイディアが浮かべば、すぐに執筆に取り掛かれる作家にとっての理想的環境。

  

IMG_0204.JPG  

こちらは乱歩の愛した豆腐屋さん「樋口豆腐店」。

毎日、欠かさずこちらの豆腐が食卓に並んでいたそう。

樋口豆腐店も池袋駅から徒歩7分圏内。

   

   

IMG_0241.JPG   

   

放送は2月27日(土)夜9時〜BSプレミアムにて。